羽田建築設計事務所

ブログ

ブログ

ドイツ研修 広島設計事務所ブログ 投稿日:2018年10月31日

ドイツ 研修旅行

10月の上旬にドイツへ研修旅行へ行ってきました。

大学時代にドイツの街づくりに関する書籍を読んでから、

一度は訪れてみたかった国です。

この度は現地に頼りになる人物がいるので

この機会に思い切って単身ドイツへ。。

滞在先のアパート。

最上階にある屋根裏部分を部屋にしているので

ところどころ勾配天井になっています。

ドイツでは屋根の勾配がきつい三角屋根の家ばかり

だったので屋根裏部屋は一般的なのだと思います。

窓について

ドイツの住宅の窓は基本的に内開きのドレーキップが主流のようです。

シャッターを閉めたまま換気が出来るのと

窓外にフラワーボックスを飾る家が多いので

開閉時の干渉が防げます。

寒い日なんかは夜シャッターを閉めておくと

室内の温度が下がるのを防げます。

日本の重厚なシャッターとは違って

カーテンのような感覚でシャッターを使っていました。

実際にドイツの住宅で過ごしてみる事で

知ることができる発見などあり、とても面白いです。

もちろん観光もできたので大変大満足なドイツ研修でした。

また時間がある時に紹介したいと思います。

Posted on by 羽田彩乃

TEL:0825489949
お問合せ
ページトップへ