羽田建築設計事務所

ブログ

ブログ

ショールーム打ち合わせ 新型コロナウイルスの影響 広島設計事務所ブログ 投稿日:2020年03月8日

ショールーム打ち合わせ 新型コロナウイルスの影響

只今設計中のリフォーム物件のキッチン見学のためショールームへ行きました。

金額と内容もほぼ確定できてきた段階です。

床の色と照らし合わせながら、空間がマッチするようににキッチンの扉の色を選定しました。

日曜日のため、普段だとショールームの見学者が多いのですが、この度の新型コロナウイルスの影響もあってか

見学者はほとんどいない状態でした。

現場にもウイルスの影響が出ており、トイレや食洗器などの設備機器をはじめ、

ものによっては扉などに至るまで入荷待ちで納期が未定な状況が出てきています。

特にこれから工事着手の物件は機器が入らないと工事が進めることができないので、

新築の場合は上棟など、進めれるところまで進めて納品待ちとなる現場が出てきそうです。

完成間際で、トイレだけが納品できないような現場については、今まではトイレを設置しなければ行政の完了検査が終えることができず

引き渡しもできなかったのですが、この度行政のほうで特例として、

将来的にトイレを設置する計画として資料を提出することでトイレが設置されていなくても引き渡しができるように措置も取られているようです。

引き渡しができたところでトイレがないと生活ができないので難しいところですが。

この度のリフォーム物件は、お施主様が住まれながらの工事なので、途中で工事が止まってはご迷惑なため

状況が収束するまで様子を見て、目途が立ったら工事着手となりそうです。

今後の見通しが読めず無期限延期とならざるを得ないので、

早く状況が好転すうように祈るばかりです。

Posted on by 羽田佑輝

TEL:0825489949
お問合せ
ページトップへ