羽田建築設計事務所

ブログ

ブログ

建物ができるまで 事例 広島設計事務所ブログ 投稿日:2019年12月10日

建物ができるまで

只今工事を進めていて、年末にお引渡しを行う物件について先日足場がはずれたので、

解体から現在までの流れを振り返ってみたいと思います。

解体前の状況です。鉄筋コンクリートの建物だったことや、

外構がボリュームがあったので解体に時間がかかりました。

更地の状況です。

天気が悪く暗いですが、上棟後の屋根を施工した状況です。

外壁に防水紙を貼った状況です。

窓も設置し、外部の仕上げの下地を施工した段階です。一部外壁の施工も済んでいます。

外壁の塗りの部分(白い箇所)を進めている段階です。

外壁工事や樋の設置などを終え、あとは漏れがないかチェックをします。

いよいよ足場解体です。ここではじめて建物の全貌を見ることができます。

イメージ通りになっているかなど、ドキドキしながら足場解体を見守ります。

足場が完全に解体されました。

施工も丁寧できれいな仕上がりで安心しました。

黒と白のシンプルな外観で、大きな窓や、天井に貼った木がアクセントになっています。

この角度では見えませんが玄関扉を木でオーダーメイドしましのたので、アプローチ廻りも素敵に仕上がっています。

これから外構工事も加わり、より建物が引き立ってくる予定です。

Posted on by 羽田佑輝

TEL:0825489949
お問合せ
ページトップへ